ペルシャ絨毯の購入業者を選ぶ基準とは

購入業者を選ぶ基準について

購入業者を選ぶ基準について

ペルシャ絨毯を購入する上で一番重要になってくるのが、どの業者から購入するかということだと思います。

信頼できる業者かどうかは口コミやネットなど調べる方法はたくさんあると思いますが、ペルシャ絨毯は長く愛用していくものになるためアフターサービスが充実しているかが重要だと思います。

ペルシャ絨毯はクリーニングに出すだけでも、普通のクリーニング店には出す事ができません。

なぜなら色あせや縮みの原因になりかねないからです。

またペルシャ絨毯は穴が空いた場合修理が可能なのですが、その業者を探すのにも一苦労すると思われます。

そのとき専門の業者を紹介してもらえる、修理してもらえることが重要だと思います。

ペルシャ絨毯はとても高価な商品です。

それゆえに汚れたから、穴が空いたからと棄てるわけにはいかないと思います。

そのためにもしっかりしたアフターサービスをしてくれる業者が良いと思います。

ネットでも安くペルシャ絨毯が売られている場合があります。

しかし安易に購入しないでちゃんとしたぎょうしゃで買うほうが良いと思います。

ペルシャ絨毯の織り子について

ペルシャ絨毯を織る人々は「織り子」と呼ばれます。

その中で特に優秀の織り子と言われているのは、15歳から22歳ぐらいの比較的若い女性たちです。

女性ならではの優しい細やかな動き、丁寧な指使いと若さゆえの集中力の長さなどが挙げられます。

彼女たちは10歳前後から織り方を習い始め、15歳前後では確かな技術と織り子としてのプライドを持ちます。

昔からペルシャ絨毯の技術は家々で母から娘へと代々受け継がれて磨いてきました。

工場が出来た時、女性は宗教上の理由から外で働くことが出来ず、男の人だけで織っていました。

しかし女性の、女性ゆえの確かな技術が認められ女性も工場で働く事ができるようになりました。

彼女たちはある意味、一番輝いている時期にあります。

ペルシャ絨毯を購入

彼女たちの青春の甘酸っぱい思いまでも織り込まれているため、ペルシャ絨毯は美しいのかもしれません。

今日も情熱をこめて、丹精こめてペルシャ絨毯を織っているでしょう。

そして彼女らによって確かな技術が受け継がれていくのだと思います。