ペルシャ絨毯の購入業者を選ぶ基準とは

ペルシャ絨毯が出来るまで

ペルシャ絨毯を一枚作るためには、たくさんの人の手と手間がかかります。

デザインを考える人、糸を染める人、織る人などたくさんの人と手間がかかっています。

織る事に関しては、1本1本丁寧に結びつけていきちょうど良い長さで毛を切りそろえていきます。

だからこそ1日にほんの数ミリぐらいしか織り進めていく事が出来ません。

大きなものになると1枚の絨毯を作るのに何人もの織り子が携わって、20年以上かかる場合があります。

それだけ手間と時間がかかるからこそ、たとえ新人の織り子が織ったものでも高い値段が付くことになります。

ベテランの熟練した技術を持つ人達が織るとパイル目が細かくなってしまうので、時間は同じくらいかもっとかかってしまいます。

そうして織り進めていき、洗ったり、房などをつけたり天日干ししたりといろいろな作業をしてペルシャ絨毯は作られます。

その手間があるからこそ、いい商品が出来るのですし、高額になってしまうのです。

ペルシャ絨毯の商品一覧

そして芸術品と呼ばれるものも出来るのだと思います。